Menu

ロボットでは代用できない仕事

ITやAIなどの目覚ましい進歩によって、働き方は大きな転換点を迎えようとしています。実は今後数十年で人が行う仕事というのは激減すると言われています。そのためこれから就職するという男性は、将来性のある仕事をしっかりと吟味する必要があります。

これから先、将来性がありそうな企業の特徴の一つに、仕事の内容がロボット化できないものというのがあります。例えば営業職など、その場の状況に応じて臨機応変に対応していかなければならない職業ではまだロボットが対応するのは難しく、将来も安定して仕事があると予想できます。また医師や職人など特別な資格や専門的な技術が必要とされる仕事もロボットで代用することは難しいため、将来性がある職業だと考えられます。また、盲点になっているのが、ロボットを制御したり、製造したりすることに携わる職業です。今後ロボット化が進むにつれて、こういった職業の需要はますます高まっていくでしょう。今のうちに知識や資格を身につけ、ロボット関係の企業に就職できれば、将来は安泰だと言えます。

そして将来性がある企業に見られる一番の共通点が「将来に向けてのビジョンが明確になっている」ということです。将来のビジョンが見えているということは経営者が社会の変化を敏感に察知し、その変化に自分の会社はどのように対応していけば良いかをしっかりと見いだせている何よりの証拠と言えます。大会社ほど将来を見据えて異業種と業務の提携を結ぶなど、柔軟な対応ができる傾向があります。