空が舞台のパイロットの仕事

空を飛ぶパイロットの姿は格好良いもので、男性であれば一度は憧れたことがある職業の一つではないでしょうか。パイロットにはいくつか種類があり、報酬が発生しない航空機を操縦できる自家用操縦士に、遊覧や報道に用いられる航空機および操縦士が2人必要な旅客機の副操縦士、1人で操縦可能な航空機の機長として操縦できる事業用操縦士があります。そして、上位にあるのが機長として航空機を操縦できる定期運送用操縦士です。
例としてエアラインパイロットは、旅客を乗せた航空機を目的地の空港まで運ぶことが仕事として挙げられます。この仕事で忘れてはならないのが、重い責任を負っていることです。地上の航空保安要員や管制官との連携はもちろん、不測の事態に備えることも求められます。エアラインパイロットの共用後は基本的に英語で、かつ専門用語を用いてコミュニケーションをとらなければなりません。仕事に欠かせない十分な知識や深い教養が必要なのが、エアラインパイロットの特徴でしょう。
また、航空機は地上から遥か上を飛んでいるので、一つのミスで旅客や添乗員の命を奪いかねない職責を負っています。そのため、より一層の安全管理が肝心です。ですが、エアラインパイロットが操縦する航空機は一度離陸すれば、一定の高度と速度を保つ自動操縦となるので操縦テクニック的には、そこまで難しいものではないでしょう。その分、常に不測の事態に備えて計器を監視したり、管制官との連携に緊張感を持って臨まなければなりません。

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930